呼吸器疾患の方が海外旅行をする際の注意点


東京医科大学 渡航者医療センター教授 濱田篤郎

呼吸器の病気
旅行中の健康リスク
安心して旅行をするために

近年は、呼吸器疾患にかかっている方が海外旅行をする機会も多くなりました。海外で美しい景色を眺めながら新鮮な空気を思いきり吸えば、こうした呼吸器疾患にもきっと良い効果があるはずです。その一方で、海外旅行が呼吸器疾患に悪い影響を与えるケースもみられています。そこで本項では、呼吸器疾患をお持ちの方が海外旅行をする際の注意点について解説いたします。

呼吸器の病気

カゼや鼻炎も広い意味では呼吸器の病気になりますが、ここでは気管支喘息や肺気腫など慢性の呼吸器疾患を対象とします。気管支喘息とは、アレルゲン(ダニやハウスダストなど)を吸引することで、気管支の収縮をおこす病気です。アレルゲンを吸い込まなければ、日常の生活を送ることができます。肺気腫や慢性気管支炎は長年の喫煙や大気汚染などによりおこる病気で、咳、痰、息切れなどの症状が平素からみられます。重症なケースでは在宅酸素療法が必要になることもあります。

旅行中の健康リスク

海外旅行ではまず航空機を利用しますが、機内の環境が呼吸器疾患に影響を与えることがあります。機内の空気中の酸素濃度は平地の8割ほどで、大変に乾燥しています。肺気腫などでもともと酸素が欠乏している方は、このような環境下、さらに酸素欠乏に陥ってしまう可能性があります。また乾燥により気道が過敏となり、気管支喘息の発作を誘発するケースもみられます。 現地に到着してからは、時差や気候の変化により疲労がたまりやすいものです。呼吸器疾患をお持ちの方はとくに注意が必要で、無理な日程で行動をすると、蓄積した疲労から病気の悪化を招きます。
 呼吸器疾患の方は、旅先でカゼをひかないよう十分に注意してください。カゼは気管支喘息の発作を誘発しますし、肺気腫や慢性気管支炎を急速に悪化させることがあります。海外のホテルでは空調が過剰になっていることが多く、室内はカラカラに乾燥しています。これは最もカゼをひきやすい環境と言ってもいいでしょう。

安心して旅行をするために

A.主治医への相談

海外旅行の計画がもちあがったら、まずは主治医の先生にご相談ください。現在の症状が安定していれば、きっと許可がでるはずです。さらに主治医に英文の診断書を作成してもらうと安心です。これには病名と服用中の薬剤名を記載してもらいましょう。

B.航空会社への問い合わせ

航空機搭乗にあたって心配な点は、航空会社に問い合わせましょう。各会社には、病気をお持ちの方が航空機を利用する際の相談窓口が設けられています。とくに在宅酸素療法をされている方については、事前に航空会社に申請しておくようにしてください。

C.機内での過ごし方

機内ではできるだけ安静にして、水分を多めに飲むようにしてください。もともと酸素が欠乏している人は、酸素吸入のサービスを受けることもできます。また服用中の薬や発作止めは、必ず手荷物の中に入れておきましょう。

D.旅行中の注意

現地に到着したら、その土地の気候にあわせた服装をこころがけてください。また、到着直後は時差の影響があるので、なるたけホテルで休養するようにしましょう。旅行中の日程も無理のない計画にし、もし疲れたと感じたら休養できるようにしておくと安心です。あわせて、万が一の事態に備え、旅先で受診できる病院を調べておくようにしましょう。
 旅先でのカゼの予防には、ウガイや手洗いの励行が基本です。またホテルの空調は適宜調整し、室内が乾燥しないようにしてください。使い慣れたカゼ薬を日本から持参することもお薦めしています。

E.旅行中の服薬

定期的に薬を服用中の方は、旅行中も忘れずに服用してください。時差により飲む時間が分からなくなってしまう方もいますが、朝食後に服用する薬は24時間毎、朝晩に服用する薬は12時間毎と、時間で区切り服用するようにしましょう。

F.推奨予防接種

呼吸器疾患をお持ちの方にお薦めする予防接種はインフルエンザワクチンです。インフルエンザは北半球で12月〜3月、南半球で6月〜9月に流行します。この時期に旅行される方は出発前に接種を受けておきましょう。